男女の文化の違い

男と女というのは違っているからこそおもしろいのでしょうし、違っているからこそお互いにひかれ合うものなんでしょうね。男女関係というのは、異なる世界を結びつける異文化交流のようなものだと例える人もいましたが、それは間違っていないのではないでしょうか。ある住宅メーカーの提案する、3メートルの思いやり、というコンセプトは男女の文化の違いをよく認識してつくられたキャッチフレーズなのではないでしょうか。同じ屋根の下に住みながら、リビングの中には夫のテリトリーと妻のテリトリーが3メートルの距離をおいて同居する意味のようです。お互いに相手の行動に対してはアンタッチャブルなわけですね。それぞれ別々に楽しんでいるのです。食事をするとき、外出するときはふたりで仲良く一緒に行動する夫婦も多いと思います。 続きを読む

抱いている世界観の違い

女性の特徴というか、正確には女性の脳の特徴といえる、他に向かって開いた傾向というのは、心の病気にも顕著に表れるようです。女が極度な拒食に走ったり、リストカットをしたりして他人の目をひきつける行動に出るのも、他人の目に縛られた脳を持っていることが関係しているのではないかとも言われていますよね。閉じた脳の男と聞いた脳の女とでは、抱いている世界観が全く違うわけです。その違いというものを考慮にいれず、男が男ならではの理想の世界を一方的に追求してしまえば、パートナーの女には不満が噴出すること間違いなしですよね。逆に女が女ならではの理想の世界を彊歌してしまえば、パートナーの男はそんなものに価値を感じられずにつき合っていられなくなってしまうでしょう。 続きを読む

自分をもっと愛してほしいという願望

女性の脳の特徴として、自分にもっと注目してほしい、自分をもっと愛してほしいという願望が強くて、そのため周囲の評価に非常に敏感に反応するというのがあるようです。いつもコミュニケーションの輪の中にいないと、いつかみんなから仲間はずれにされたり愛されなくなったりするのではないかと常に警戒するというのもその特徴のひとつのようです。そのためにコミュニケーションが途絶えることが不安になってしまうわけです。だから人間関係がうまくいかなくなったり、他人から思うような愛を受けることができないと感じたりすると、コミュニケーションの回復を求めてわざと他人に心配をかけ、他人の目をひきつけるような行動をとることもあるのですよね。 続きを読む

いつも愛されていたい

ある一定数の男性が、オタクな趣味に深くはまりこんだり、中年になっても機械いじりや模型ぐくりなどに熱中したりするのは男性脳の特徴とも言えるわけです。男が自分だけの隠れ家を欲しがったり、田舎での晴耕雨読の暮らしにあこがれたりするのも、また男性脳の特徴だと言われています。ひきこもりというのは圧倒的に男に多いし、子供の自閉症はほとんど男の子だとも言われていますよね。閉じた世界をもともと持っていることが関係しているのかもしれませんよね。そのような男性の脳と違って女性は聞いた脳とも言われています。みんなからいつも愛されていたいというのが女の脳の特徴でもあるようです。 続きを読む