男性という存在

男性という存在は、プライドを守るために時には命さえ捨てたりすることもあります。女性はそんな行為は考えられないのではないでしょうか。女性というのは子供と生き長らえるためにはプライドを犠牲にすることができるのですよね。男と女とでは人生において、守るもの、と、捨てられるもの、が根本的にに違っているのかもしれませんよね。男は何故プライドをなかなか捨てられないのでしょうかね。それまで自分が築いてきた地位や立場に縛られてしまい、それにしがみついてしまうわけです。特に会社一筋で仕事にいそしんできた男たちは、定年で会社を離れた後も自分の会社でのポジションにこだわるわけですよね。過去の栄光がいくつになっても忘れられないわけですね。 続きを読む

女性は男性よりも強い

男性というのはプライドを失ってしまうと生きる希望すらも失ってしまうということがよくあります。実際に自然界の多くの動物の場合でもオスの方がメスよりもストレスに対する感受性は高いというのはよく知られていることです。敗北ストレスに対しては、ますます怒りや恐れを生み出し、それが自らの身体をむしばんでいくのですよね。ある病理学者によれば、劣位のサルたちは死亡しやすく、死んだサルを解剖して死因を調べるとひどい胃潰瘍を持っていたそうなんです。でも女の場合は会社が倒産しても死にはしないし、多少世間から叩かれたって男性と違って生きる希望までは失いはしないのですよね。女にとっては何よりも生き延びることが最重要課題ということを本能でしっかりと理解しているのではないでしょうか。どんな目に遭おうが生きなくては子供を守れないし、遺伝子を残すことができないですからね。何よりも生き抜くことを優先し、その目的の前には自身のプライドを守るということなんて全く気にはしないわけです。女の最大の強みというのは、プライドを捨てられるという点にあるとも言われますよね。
人妻が出会い系サイトでセフレ探し

どんな環境にも適応する女性

戦争で村が異国の強敵に襲われた場合。男どもは殺され、金品は奪われ、女たちは乱暴される。中には遠い異国まで連れ去られる女もいたかもしれませんよね。そうした悲劇は過去の人間の歴史において延々と繰り返されてきたことなのでしょう。それでも女は悲しみを抱えながらも強く生きていこうとするのですよね。異国の地に連れ去られたとしても、その男に従い、子をもうけ、その土地に馴染んで暮らしていこうと努力するわけですね。どんな環境でも女は生き長らえて、子供を育てていこうとする強さがあるわけです。男であればそのようにはいかないのではないでしょうか。それはプライドを捨てることができないからですね。 続きを読む

生き残っていく強さ

短いスパンで考えると女性よりも男性ののほうが体力があるのは明らかですが、人生を長いスパンで捉えれば、体力的に優れているのは病気に強くて長生きな女性のほうかもしれませんよね。女は子供を産み、育てていくために、ロングレンジで強さを発揮できるようにつくられているということなのかもしれません。危機的な状況に遭遇したり、生きていくうえでの岐路に立たされたりしたとき、男は女の本来的に備わった強さに目を見張らざるをえないのかもしれません。長い人生の中で思い出したようにのぞかせる、そんな本当の意味での強さなのかもしれませんよね。さて男と女では環境の変化に適応しやすいのはどちらなのでしょうか。どちらがより生き残っていく強さを備えているのでしょうか。 続きを読む

女は強い?

男性が何人か揃って話をすると、いざというときになると女って本当に強いよな~、というような話題になることってあると思います。実際に女はそれほど強いものなのでしょうか。よく男は女よりも体力がある、といわれますよね。筋力や瞬発力などは間違いなくは男が優っているでしょう。それは昔から狩りに出る男のほうがより多くの筋肉量が多く必要なのでそうなったのでしょう。では持久力はどうなんでしょう。必ずしも男が優るとは言えないですよね。マラソンなどの競技で女子選手の活躍が目立つのを見ても女にも優れた持久力を持つ人は多いですよね。皮下脂肪を多く蓄えている女は、そこから持続的にエネルギーを引き出すことができるというわけなんですよね。 続きを読む

女性の非常時における強さ

男性の定年以後の結婚生活は、妻が夫の元に通う、いわゆる通い婚という新しい生活形態がこれからは増えてくるのかもしれませんね。基本的にはひきこもりたい男と、外に飛び出したい女の両方の希望が満足できる方法のひとつでしょうからね。まさにここぞという土壇場の状況になると、女のほうが力を発揮するといわれることもよくあります。たとえば、親戚のお葬式などで常に周囲に気を遣ってみんなを取り仕切ってしっかりと働いているのはたいてい女ですよね。男は、そういう状況の時にはぼさっと突っ立っているばかりであまり役に立たない事も多いです。その他では、デパートの特売セールで競争心むき出しに目玉商品を争ったり突進したりするのも女性がほとんどですよね。男はそういうとき圧倒されているだけでしょう。 続きを読む

男女の文化の違い

男と女というのは違っているからこそおもしろいのでしょうし、違っているからこそお互いにひかれ合うものなんでしょうね。男女関係というのは、異なる世界を結びつける異文化交流のようなものだと例える人もいましたが、それは間違っていないのではないでしょうか。ある住宅メーカーの提案する、3メートルの思いやり、というコンセプトは男女の文化の違いをよく認識してつくられたキャッチフレーズなのではないでしょうか。同じ屋根の下に住みながら、リビングの中には夫のテリトリーと妻のテリトリーが3メートルの距離をおいて同居する意味のようです。お互いに相手の行動に対してはアンタッチャブルなわけですね。それぞれ別々に楽しんでいるのです。食事をするとき、外出するときはふたりで仲良く一緒に行動する夫婦も多いと思います。 続きを読む

抱いている世界観の違い

女性の特徴というか、正確には女性の脳の特徴といえる、他に向かって開いた傾向というのは、心の病気にも顕著に表れるようです。女が極度な拒食に走ったり、リストカットをしたりして他人の目をひきつける行動に出るのも、他人の目に縛られた脳を持っていることが関係しているのではないかとも言われていますよね。閉じた脳の男と聞いた脳の女とでは、抱いている世界観が全く違うわけです。その違いというものを考慮にいれず、男が男ならではの理想の世界を一方的に追求してしまえば、パートナーの女には不満が噴出すること間違いなしですよね。逆に女が女ならではの理想の世界を彊歌してしまえば、パートナーの男はそんなものに価値を感じられずにつき合っていられなくなってしまうでしょう。 続きを読む

自分をもっと愛してほしいという願望

女性の脳の特徴として、自分にもっと注目してほしい、自分をもっと愛してほしいという願望が強くて、そのため周囲の評価に非常に敏感に反応するというのがあるようです。いつもコミュニケーションの輪の中にいないと、いつかみんなから仲間はずれにされたり愛されなくなったりするのではないかと常に警戒するというのもその特徴のひとつのようです。そのためにコミュニケーションが途絶えることが不安になってしまうわけです。だから人間関係がうまくいかなくなったり、他人から思うような愛を受けることができないと感じたりすると、コミュニケーションの回復を求めてわざと他人に心配をかけ、他人の目をひきつけるような行動をとることもあるのですよね。 続きを読む

いつも愛されていたい

ある一定数の男性が、オタクな趣味に深くはまりこんだり、中年になっても機械いじりや模型ぐくりなどに熱中したりするのは男性脳の特徴とも言えるわけです。男が自分だけの隠れ家を欲しがったり、田舎での晴耕雨読の暮らしにあこがれたりするのも、また男性脳の特徴だと言われています。ひきこもりというのは圧倒的に男に多いし、子供の自閉症はほとんど男の子だとも言われていますよね。閉じた世界をもともと持っていることが関係しているのかもしれませんよね。そのような男性の脳と違って女性は聞いた脳とも言われています。みんなからいつも愛されていたいというのが女の脳の特徴でもあるようです。 続きを読む